図は、腐食性の高い6種類の環境におけるFGチタンとチタンの腐食速度を示したものです。
チタンでは耐食性が低い薬液、例えば、1%塩酸(沸騰)や、30%蟻酸(沸騰)、25%シュウ酸(60度)、100%トリクロロ酢酸(沸騰)に対してFG処理により耐食性が著しく向上します。